TOP
龍源寺の歴史
年間行事
坐禅会
寺子屋塾
集霊墓
供養・御祈祷
佛前結婚式
龍源寺報
お知らせ
ブログ
年回早見表


星見天海老師 百回忌 青山俊董老師 講演会
お問い合わせ 交通アクセス リンク


龍源寺と星見天海老師について


大雄山最乗寺、奥の院へと続く階段

 龍源寺の現住職が晋山結制の折に出版した『龍源の玉をばえても』に龍源寺と天海老師の関係が詳しくのっていますので、
この紙面では簡単な説明にしたいと思います。
なお、天海老師がどのようなことをなさったかについては以下の略歴を見ていただきたいと思います。
星見天海老師は、「漢字天海・仮字(けじ)良寛」と書においてあの良寛さまと並び称され、
「天海節」と言われる観音懺法の独特の節を現代に残された御方で、宗門においても文化的にも功績を残されました。
そして明治の曹洞宗両本山分裂騒動をおさめ、能登の大本山総持寺の大火による横浜鶴見への本山移転・復興にも尽力されました。
宗門の名刹、大雄山最乗寺の住職をつとめ、授戒会の戒師やさまざまな重要な法要の導師もたくさん勤められました。
そのような天海老師と龍源寺の関係には、以外にもペリーの黒船来航が関わってきます。
当時、江戸駒込の吉祥寺栴檀林(駒澤大学の前身)で勉学に励んでおられた天海さまでしたが、
黒船来航による情勢不安・経済基盤不安定により、江戸に滞在し続けることが難しくなりました。
その時に栴檀林で出会い、一緒に学んでおり、うちのほうで修行しないかと誘ったのが
のちの龍源寺第十八世・徳水原松老師でありました。
龍源寺の当時の住職は第十七世・頓定恵参老師でありましたが、天海老師はこの時の龍源寺住職に恩義を感じて下さり、
自らの自伝に「温恭、篤実、厚道の尊宿」と述べております。
龍源寺に嘉永六年にきてから安政六年までの七年間、龍源寺を基点としてこの地方で過ごされました。
安政三年に龍源寺では赤山義塾が開講されましたので、赤山先生にも学んでいたようです。
無理がたたり、体を患ってしまうこともありましたが、龍源寺を過ごしてのち
念願であった金沢・天徳院の奕堂禅師(のちの大本山総持寺独住第一世の禅師さま)の門下に入り懸命に修行され、
天海老師の活躍が始まっていくことになります。
その後、龍源寺に来山されたのは明治十九年。大雄山最乗寺独住第四世に就任された年のことでありました。
修行時代にお世話になったということで御挨拶に参られたようであります。
そして明治三十四年に最乗寺の住職を退董され、それからお亡くなりになるまでの約十年間の間に何回か龍源寺を訪ねてくれました。
龍源寺にある赤山先生顕彰碑も天海老師の筆によるものであります。
そして松之山温泉にも何度か来訪し、その度に龍源寺第十九世・寂室真静老師を誘い、親しくお会いしていたようであります。
このことからもわかるように龍源寺住職三世代にわたりお付き合いをいただきました。
明治四十四年十一月四日、横浜鶴見で大本山総持寺御移転の式が挙行され、七十九歳の天海老師は出席されました。
翌年二月に発病され、大正二年に遷化されますのでまさに命の続く限り宗門のために活躍なさった生涯でありました。


   == 星見天海老師略歴 ==

天保四年   出生。

天保十三年  福勝寺十八世に就いて得度。

嘉永四年   駒込吉祥寺栴檀林越後寮に入寮在学。

嘉永六年   ペリー黒船来航により江戸で学ぶことが困難になり、龍源寺に安居。赤山義塾で学ぶ。

安政六年   龍源寺末、割野薬師堂寒坐中、耳を患う。療養後、加州天徳院に掛塔。奕堂門下の人となり本懐を遂げる。
        後の永平寺森田悟由禅師が維那を勤める。奕堂門下に悟由・天海の二龍有りと称せられる。この時、二十七歳。

明治元年   芦ヶ崎龍昌寺初会に出会。会津征伐の大軍休泊するも結制無事円成。

明治三年   福勝寺第十九世に就く。この時、三十八歳。

明治十七年  永平寺、単頭に就く。

明治十八年  大雄山最乗寺独住第三世滝谷琢宗大和尚、永平寺の禅師に就く。
        永平寺滝谷琢宗禅師、総持寺畔上楳仙禅師両名の懇篤なる勧諭に最乗寺後席を内諾する。

明治十九年  大雄山最乗寺晋山祝国開堂。独住第四世。この時五十三歳。

明治二十年  曹洞宗大学林総監に就くが九ヶ月で依願退職。大雄山内の大営繕に従事。

明治二十五年 最乗寺開山了庵慧明禅師五百回遠忌に因み道了尊大祭御開帳挙行。大祭中、総持寺分離宣言書到着。
        永平寺森田禅師より総持寺分離大事件につき来議を乞うとの特命有るも大祭中を以て辞す。

明治二十六年 曹洞宗事務取扱の辞令を受ける。

明治二十七年 両本山大葛藤を根蔕より載断。

明治二十八年 両本山復旧

明治三十一年 総持寺大火。貫首禅師、石川監院とともに焼跡巡視。

明治三十三年 総持寺再建副総裁となる

明治三十四年 三月、畔上禅師退院上堂白槌師を勤める。続いて総持寺新命西有禅師へ内賀。
        更に石川素童監院と最乗寺住職交代の内諾をする。
        四月十一日午後八時、最乗寺退院式挙行。住山十七年。開山了庵慧明禅師と同年なり。時に六十九歳。
        十二日午前一時、随伴一名を従え下峰。十五日、無事福勝寺に到着。
        七月、総持寺西堂職の辞令到着。

明治三十五年 永平寺にて道元禅師六五〇回大遠忌。西堂と総持寺専使代香を勤める。

明治四〇年  総持寺鶴見移転認可。

明治四十一年 鶴見新山拝登。

大正二年   五月十三日午後九時、示寂。世寿八十一。
        永平寺森田禅師の特命にて雲洞庵新井石禅老師来弔、寝所にて展具三拝、以て大禅師哀悼の情を伝える。
        十七日荼毘式。遺命により舎利を福勝寺の他、最乗・慈光・香積に塔す。


遺偈   「八十春秋弄風煙 今歳方堪謝諸縁 閻王猛声問世寿 雖卑与釈尊同年」


星見天海老師 百回忌
 
Copyright © 2011 - 深見山 龍源寺 All Rights Reserved.